東京の療養型病院の薬剤師求人に応募をする際に確認すべきこと

東京の療養型病院の薬剤師の求人数は、高齢化の進展や慢性疾患を抱える患者の対応強化などの影響もあり、年々増加の傾向があります。こうした職場においては、薬剤師が糖尿病や高血圧症など様々な生活習慣病や身体障害などを抱える高齢の患者と接する場面が多くなります。

そのため、薬剤師は調剤や服薬指導に関する専門的なスキルだけでなく、ある程度のコミュニケーション能力も必要とされます。

合わせて読む:青森県で薬剤師の求人を探す方法とは?

一人の薬剤師が担当をする患者の人数について確認しよう

東京の療養型病院の中には、人手不足や医療に対するニーズの多様化などの理由により、一人の薬剤師の業務の負担が大きくなっているところが多くあります。特に、都市部においては入院患者数の増加が著しく、オーバーワークのために入職をしてすぐに離職をしてしまう薬剤師も少なくありません。

そうした状況の中、東京の療養型病院で薬剤師として働き始めたい場合には、求人に応募をする前に各地の病院の患者数と職員の配置に目を向けて、無理なく業務をこなせるかどうか見極めをすることが大切です。また、時間帯や曜日によって職場内のスタッフの人数が大きく変動する医療現場もあるため、求人票をチェックしたうえで分からないことがあれば、積極的に求人担当者に質問をしてみると良いでしょう。

最近では、優秀な薬剤師の離職を防ぐために、一人あたりの業務量を見直したり、職場内のスタッフの人数を増員したりする東京の療養型病院もあります。そのため、一箇所の病院で薬剤師のキャリアを積みたい人は、求職中に時間を掛けてスタッフの処遇改善に努めている病院の事情について把握をすることが肝心です。

院内見学を通じてチーム医療の体制が整っている職場を探そう

東京の療養型病院では、医師や看護師の他に薬剤師が配置されているところも多くあり、服薬管理や指導をはじめとする業務をてきぱきとこなせる人材が重宝される傾向が見られます。また、医療従事者の職種ごとに役割や仕事内容がきちんと分かれている職場においては、それぞれのスタッフが自分の経験や能力に応じてスキルアップを図りやすい状況となっています。

大規模の東京療養型病院の中には、個々の高齢患者に対して適切な医療を提供するために、チーム医療の実現に向けた取り組みを活発に行っているところも目立ちます。就職後に様々な職種のスタッフと協力をしながら薬剤師として力を発揮したい人は、早いうちに院内見学の申込をして、自分に向いている職場を探すことがおすすめです。

チーム医療の推進の状況については、それぞれの東京の療養型病院の診療方針や各病棟に在籍するスタッフの経験などに大きく左右されます。

そこで、職場選びに迷っているときには、時間の許す限り東京の周辺にあるいくつかの療養型病院の院内見学を通じて、色々な職種のスタッフの働きぶりや、コミュニケーションの活発さなどをきちんと判断することがポイントです。

交代制勤務に興味がある時は希望通りに休日が取れるかチェック

東京の療養型病院のスタッフの勤務体系は職場ごとに違いがありますが、多くの患者が入院している病棟では、薬剤師も交代制の勤務を担当することがあります。一般的に、交代制勤務の医療現場においては、仕事の疲れがなかなか取れなかったり、生活時間が昼夜逆転したりすることもあるため、なるべく体力的な負担が少ない職場を見極めることが肝心です。

また、薬剤師を含めた医療従事者が確保できていない療養型病院では、ベテランのスタッフが夜間や宿直の業務を担当する機会が多くなることがあります。そのため、同じ療養型病院で長く働き続けたい人は、職場選びの際に、希望通りに休日が取れるかどうか調べておきましょう。

大手の医療法人が運営する療養型病院では、スタッフの休日に関する悩みを解消するために、勤務シフトの見直しを行ったり、一日の労働時間を従来よりも短くしたりしているところもあります。その他、常勤職員をはじめとして一定の条件を満たすスタッフを対象に、数か月おきにリフレッシュ休暇を付与する法人もあるため、仕事ばかりでなくプライベートの時間も充実させたい人は、時間を掛けて勤務先を決めることがおすすめです。

経験が浅い人は入職をしてすぐに業務研修を受けられる職場がおすすめ

薬剤師の実務経験が浅い人が東京の療養型病院で働く場合には、入職をしてすぐに業務研修を受けられる職場を優先的に選ぶことがポイントです。たとえば、多種多様な医薬品の効能や副作用について覚えたり、患者への服薬指導のテクニックを身に付けたりするには長い期間が掛かることもあるため、個々の若手のスタッフへのサポートが行き届いている病院を探しましょう。

業務研修の期間や主な研修のテーマについては、それぞれの療養型病院の事業内容や患者の受け入れ状況などによって異なります。そこで、不安なく業務を進めるうえで、複数の東京の療養型病院の過去のスタッフの研修の状況を調べたり、人事担当者に直接研修の具体的な内容について問い合わせをしたりするのも良いでしょう。

管理職候補の育成がしっかりと行われている病院を探そう

東京の療養型病院で薬剤師の仕事を長く続けるうえで、若手のスタッフだけでなく、管理職候補のスタッフの育成がしっかりと行われている病院を勤務先に選ぶことが肝心です。たとえば、スタッフが日々の業務に追われている現場においては、中堅の薬剤師が満足のいく研修を受けられなかったり、キャリアアップのための機会が少なくなったりすることもあるため注意が必要です。

新卒者から定年間近のベテランまで様々な立場の薬剤師が在籍している東京の療養型病院は、キャリア成功の強い薬剤師の有資格の間で人気が高まっています。こうした職場の新卒や中途採用の試験の際には、各地から優秀な人材が集まることがあります。

そうした中、書類選考や面接をスムーズに突破するうえで、早いうちから求人探しを開始することが成功の秘訣です。その他、管理職候補を対象とした研修の良し悪しについて気になることがあれば、採用選考に申込をする前に就職相談会などのチャンスを使って人事の担当者や経験が豊富な薬剤師と話し合いをするのもおすすめです。

東京の働きやすい療養型病院を選ぶポイント

東京の周辺で働きやすい療養型病院を選ぶには、いくつかの同じような病院の求人に目を通して、日々の業務の内容や研修制度、チーム医療の状況など様々な点を比較することが大事です。また、自分のキャリアを生かせそうな病院を見つけた時には、院内見学の申込をして、実際に現場内で働いているスタッフの様子を確認するのもおすすめです。